独り言

部屋にネオンを飾る

2020年6月25日

 

あれ以来トリガーだのなんだの言わずに

気が向いたら部屋の掃除を進めている。

 

古い記憶を捨てる事で

新しい事を受け入れる余地が生まれる

 

部屋の物が減っていくにつれて

記憶の断片が整理されていくにつれて

新たな物をこの空間に入れてみようと思った。

 

気分転換に部屋に怪しげなネオンを。

 

 

餃子

 

厳密に言えば、

これは遠い記憶の一部なのだけど

その記憶も受け入れられるような心理状態になってきたと言える。

 

これを買うべきかどうか真剣に聞いてきたあの子と

猫達はどうしているかな。

元気でいてくれるといいんだけど。

 

それにしても一気に雰囲気が変わっていい感じ。

血を出してひっくり返っているおじさんがいる街で

一人で紹興酒を飲んでるような気分ね。

 

 

食って交われば子ができる 故に餃子

餃子は人生である

 

退廃的で欲望に満ちた街にありそうなネオンが

怪しい色で僕の部屋を照らす。

 

 

心なしかマシュマロマンとジャミラも欲望にまみれた表情に見えるね。

 

 

 

酒場の雰囲気と深夜の時間帯に生息している人々が

大好きな僕ではあるのだけど

夜の街をふらつく事はめっきりと減ってしまった。

 

こんなご時世でもあるし。

 

一人、部屋で怪しく光るネオンを眺めながら

アルコールで脳をぼんやりと緩ませる事は中々良い時間。

 

 

どうにかなってしまいそうな夜と

どうこうしたい夜はそっと僕の餃子を灯したい。

 

 

-独り言

© 2020 mogura Powered by AFFINGER5